セラピストのたまご

サロン勤務を卒業した愛知県在住のsayaが技術的にも人間的にも、セラピストと呼んでいただいても恥ずかしくないよう、ゆっくりと日々成長をめざしています。どうぞよろしくお願いいたします。
by sala_de_saya
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2007年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧


更年期障害

今日は更年期について勉強しました。
私の母はそんなに辛そうではないのですが、お辛い方はお辛いのだと思います。
でも更年期の陰に潜んでいる病気もあるかもしれないので勝手に更年期障害だからと決めつけて我慢せずに、気になる症状がある時は病院へ行くことも大切だなぁと改めて思いました。

(こちらのサイトはコンパクトにまとまっていてわかりやすいかもしれません。)
更年期障害--気になる病気 e治験ドットコム
[PR]

by sala_de_saya | 2007-05-29 22:00 | お勉強・スクール

緩和ケア

今日は緩和ケアについてお話を伺ってきました。
以前にも書きましたが私は小学生の時に大好きだった祖父を亡くし、初めて人の死というものに直面しました。
まだ小さかったからでしょうか、もう末期だ、ということを知らされていなかったので亡くなってから「どうしてもっとお見舞いに行ってあげられなかったんだろう。退院してからもどうしてもっとお部屋に話しかけてあげに行かなかったんだろう。。。」と後悔の日々でした。
こればかりは今でも思い出す度に涙が出てきてしまうので、、、今日も涙を流してしまいました。
色々思い出しながらも先生方が経験された心温まるお話をたくさん聞け、本人や家族への告知についても色々考えるよい機会となりましたし、クオリティー・オブ・ライフについても改めて考えることができました。
また、海外と日本の差についても知ることができ、とても勉強になりました。
それから、祖父が病状が良くなったから退院できたわけではなかったんだなぁとも思いました。(私は退院できてもう良くなったんだ、って信じてましたから「死」が信じられなかったのです。)

緩和ケア病棟というものは出費がかなりかさむという問題などもあるようですが、、、家族がホスピスを利用している時にそこでアロマと出会ってセラピストを志したという知り合いがいるので患者だけでなく、介護する家族にとっても救われる何かがあるのでしょうね。

ホスピスや緩和ケア病棟には安楽死はあり得ない、またそこは癌患者の死に場ではなく最後の人生を(積極的に)生きる場所なのである・・・
など印象深かった言葉がいくつもありました。

祖父は緩和ケア病棟にお世話になっていたわけではありませんが、このようなことを祖父の死の前に知っておけたらどんなによかったかと思います。
でも誰もが迎える死なのでいざという時に今度は後悔しないようにしたいです。


日本ホスピス緩和ケア協会
「ホスピスってなあに?」
[PR]

by sala_de_saya | 2007-05-26 21:06 | お勉強・スクール

リスクを考える

今日はまた妊婦ケアのお勉強をしました。
妊婦さんが気を付けていれば防げることももちろんありますが、いくら気をつけていても防げないこともあるのでやはりマタニティトリートメントをしたいのであればきちんと勉強しなければなぁと改めて思いました。
知らないって本当に怖いことですからね。
2人分の命ですし「家族の思い」が詰まっているのですから起こり得るリスクもきちんとお伝えすることも大切です。
素人判断が命取りになってしまうこともあるかもしれません。。。
「世の中には何かがあってからでは遅いこともある。」と肝に銘じてこれからも妊婦さんの体の変化を把握することを意識したいです。
[PR]

by sala_de_saya | 2007-05-22 19:48 | マタニティトリートメント

不妊治療

以前も少し勉強しましたが今回また不妊についてお勉強する機会がありました。

私は切実に妊娠を願っている不妊治療中の方の心のケアの大切さを感じていますので、とてもよい勉強になりました。
本当に当事者でなければわからない辛さ・苦しみはあるでしょうが、何も知らないよりは治療内容も少しでも把握しておきたいですし、そのような方が家族にも言えない苦しみがあるのであれば一時でもリラックスできる時間を提供して差し上げることができるようになればなぁと思います。


また、「特に問題はない」と医師から言われた方々には、「妊娠しやすい体づくり」のための生活をお手伝いできるようにもっともっと勉強していきたいです。

そしてそのような方々がいつの日かマタニティケアもベビーマッサージも楽しんでいただける日が来るといいなぁと願いながら日々勉強です♪


講義を受けながら、辛そうだったお客様のことを思い出してしまいましたし、最近のニュースを色々と思いながら、「残念ながらどんなに赤ちゃんが欲しくてもできない」という人のためにも一度授かった命は大切にして欲しいなぁ、なんて改めて思ってしまいました。

アロマでも有名な産婦人科医の鮫島先生はこのようなボランティア活動をされているのですね。
赤ちゃんポストと子どもを手放す人のこころ
[PR]

by sala_de_saya | 2007-05-16 23:18 | お勉強・スクール

マタニティトリートメントモニター

GWも半分以上が過ぎてしまいましたが皆さまはどうお過ごしでしょうか?
私は先月28日から千葉県の実家に帰省して甥っ子達の世話に始まりお手伝いやトリートメントをさせてもらったりと忙しくも充実した日々を過ごしてまいりました。
帰省最終日の昨日は埼玉県に住む大学時代のクラスメートのTちゃん宅までおじゃまして、マタニティトリートメントのモニターさんになってもらってきました。
(前回の帰省の時お家に遊びにいった)Yちゃんの披露宴の時におなかが大きくなりだしたTちゃんを発見して「これはチャンス!」とモニターさんにスカウトしていたのでした。
その日以来Tちゃんの体調を気にしながら「早くトリートメントさせてもらえる日が来ないかなぁ」と楽しみにしていたのですが、ついに担当ドクターからの許可もいただけてトリートメントさせていただけることとなりました。

スクールでマタニティケアについて勉強したことを事前に復習しておいたおかげでトリートメント前に確認しておくべきことはしっかりと聞けたのではないかしら~と自己満足(笑)
そして、マタニティトリートメントというのは妊娠されていないクライアントさんよりも余計に信頼関係というものが大切なのではないかなという気がするのですが今回はお友達ということでその辺も大丈夫だったと思います。
私も緊張せずにできました。
それから今回はご主人がお家にいてくださったので、「もしも体調が急変してしまった時にも安心!」と思うことができました。

この前のスクールで習ったトリートメント方法で実際の妊婦さんへトリートメントするのは初めてだったので相モデルでは気付かなかったことがあったり、先生がおっしゃっていたことが本当だなぁと思ったり、、、とってもよい勉強になりました。
協力してくれたTちゃんには感謝です!!!
Tちゃんありがとう♪
これからも私の知識の中でお役に立ちそうなアイディアがあったら活用してマタニティライフを楽しく快適にすごしてね。
そしてぜひまたトリートメントさせてね♪
[PR]

by sala_de_saya | 2007-05-04 22:04 | マタニティトリートメント