セラピストのたまご

サロン勤務を卒業した愛知県在住のsayaが技術的にも人間的にも、セラピストと呼んでいただいても恥ずかしくないよう、ゆっくりと日々成長をめざしています。どうぞよろしくお願いいたします。
by sala_de_saya
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

試行錯誤してみること

今日は数人のセラピストさんと楽しくお話する機会がありました。
意識を高めあえるのっていいですね。
私には人数的にもちょうどよく、参加してよかったと思います。
皆さんの今後が楽しみです。




皆さんのお話を伺ってとても参考になったと同時に私がサロンに入ったはかりの時の「閉店事件」を少し思い出してしまいました。
私が入って間もない頃、オーナーが「赤字だから店を閉めたい」と言ったのですが、せっかくトリートメントさせていただける場所が見つかったばかりの私はなんとしても自分の働く場所を確保するために!と、休みの日まで色々と知恵をしぼって、まだサロンで試したことがないことでやってみる価値があるのでは?と思われることをあれやこれやと必死に考えて提案しては実行に移していた時期があったのです(笑)
(その前にエステで働いていた時に、短い時間ではありましたが、この辺りをかなりシビアに教育されていたので考える癖が多少はついていたのだと思います。)
そしてスタッフが頑張って協力してくれた結果、どうにかお客様も定着してくださり、サロンの閉店問題はとりあえずなかったことになったのでした。
そして「まだまだ試してみるべきことがたくさんあるのに何もやらないうちからもうダメだってあきらめるのはもったいないことなんだな~」と思うようになりました。

雇用されている状態でサロン経営というものを考えることができ、自分の企画に対するお客様の反応を色々と知ることもできたこれらの経験はとてもためになったと思っています。
実際にサロンを始めてすぐに閉店してしまった方も知っているのである程度の準備はやっぱり大切だなぁと感じています。。。
(住む場所とは別に店舗を借りてサロン運営で生活していこうと思う場合は特に。)
今後、もし本格的にサロンを始められたとしたら私はどんな問題に直面するのかな?その時はどうやって乗り越えるのだろう?うまく乗り越えられるかな?などと考える時がありますが、乗り越える努力を何もしないで簡単にあきらめることだけはしないようにしたいなぁ。と、今日はそんなことを改めて考えた1日でもありました☆
[PR]

by sala_de_saya | 2007-01-26 23:44 | 続・理想のサロン作りをめざして
<< タッチの魅力 フットトリートメントレッスン >>