セラピストのたまご

サロン勤務を卒業した愛知県在住のsayaが技術的にも人間的にも、セラピストと呼んでいただいても恥ずかしくないよう、ゆっくりと日々成長をめざしています。どうぞよろしくお願いいたします。
by sala_de_saya
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

トリートメントデー

昨日は朝から友達の家に行ってきました。




最初に彼女らが私がいるときに済ませたかった用事をすませた後、お昼ご飯をたべてからはトリートメントデーになりました。

まずは友達の赤ちゃんにベビーマッサージ、今回は足を中心にオイルは使わないで行ってみましたが、足をていねいにさわっていたら冷たかった赤ちゃんの足がぽかぽかになりました♪
お顔もさわったのですがこの子は足とお顔を結構気に入ってくれたようでした。
泣かないでニコニコしていてくれたのがうれしかったです。

友達にもやり方を少し教えてあげて、実際にマッサージしてもらってみました。
まだ恐る恐るという感じでしたが、これから実践していって少しでも役立ててもらえたらな、と思います。
今度はオイルトリートメントにも挑戦してもらいたいです。

その後赤ちゃんは授乳したらかなり長いこと寝ていてくれて、その間に旦那さんと友達をトリートメントすることができました。前回とは大違いでびっくりです。友達にも前回よりは赤ちゃんの泣き声を気にすることが無かった分、リラックスしてもらえたかなと思います。

それから友達のご近所ご夫婦さんが受けてみたいということでしたので、ご自宅におじゃましてまずは奥様をトリートメントさせていただきました。
その間こっそーり何度ものぞいていた小学生のお兄ちゃんと弟くんが私のトリートメントに興味を持ってくれたようで、次は旦那さんの番だったのですが、翌日空手の試験があるというお兄ちゃんの方もお願いされて、急きょトリートメントさせていただくことになりました。
そしたら弟くんがのぞいてきて、そのうち外で(お兄ちゃんだけずるい!と)スネ始めました。
ちょっとそれが気になったので旦那さんをお待ちしている間にソファーに座って少しさすってあげていたら結局弟くんもベッドの上でお兄ちゃんと同じようにトリートメントをさせていただくこととなりました。
お兄ちゃんも弟くんも初対面の私の言うことを素直に聞いてくれてトリートメントしやすかったです。

前から思っていましたが小学生の子は運動量があるので体も疲れるみたいでマッサージを受け入れてくれやすいようです。
ベビーマッサージの時期を逃してしまったお母様方にお子さんの体と心のケア・コミュニケーションの手段の一つとして、ぜひキッズマッサージをオススメしたいなぁと思ってしまいます。
私も彼らをトリートメントしながら「あー小さいときから親にこんなことしてもらえてたら幸せだろうなぁ~」なんて思っていました。私は湿布組でした。小学校の高学年以降になったら部活などで筋肉痛の体を妹や姉にマッサージしてもらってましたけどね(笑)

その後旦那さんをトリートメントさせてもらい、友達の家に戻ったら、リフレの症例モデルの時にお世話になった友達のお姉さんが岐阜からわざわざやってきてくれていて、数年ぶりの再会ができました。
彼女にも愛情こめてトリートメントさせていただきました。

そんなこんなで半日ずっとトリートメントをしていたのですが疲れることもなく、すごく楽しい時間を過ごせました。


ちなみに今回は行きは電車で荷物がかさばりましたが、リラックス度を高めていただけるようにと持って行って活躍したものは、フェイスレストと電気敷毛布でした。
[PR]

by sala_de_saya | 2005-11-13 11:15 | 続・理想のサロン作りをめざして
<< お昼休みのアロマリラクゼーション 足つぼ >>